FC2ブログ
小田ドッグスクール    | TOP > しつけ教室の新入生
 
 
 
フリーエリア
 
2019.12.29 (日)

しつけ教室の新入生



今年もたくさんのワンちゃんのしつけ・訓練を行ってきました。

多くの個性と毎日向き合う事で、逆にそれぞれの個が浮かび上がる。

それを知るのが本当に楽しく、犬って素晴らしい生き物だなと日々感じます。


さあ、今年最後のしつけ教室・新入生をご紹介します。


IMG_0837_20191229184358932.jpg


ペキニーズ × チワワ =モカちゃんです(♀・6ヶ月)

ご覧の通り非常に可愛く、家族の誰からも愛されるモカちゃん。
3ヶ月で家に迎えてから、家族全員が過剰に可愛がり、触りすぎ、甘く接しました。

ではその結果どうなったでしょう?

飼い主さんの指示は全く聞かず、甘噛みは本噛みへ移行し
普通に触ることすら怖さを感じるほど、まるで「腫れ物のような」状態になったのです。

スクールでリードを装着しようとしたママさんの手は傷だらけに・・・
私も初回カウンセリング時に抱っこしようとした瞬間に・・・カプッ!!
すぐにしつけ教室を行う必要がありました。



しつけ教室では、犬の個性を理解し、飼い主として正しい振る舞いを知ってもらうこと。
これが目的です。

IMG_0847_201912291859526f1.jpg

現在リードの着脱はこの通り。モカちゃんが受け入れ大人しくしています。




IMG_0843_201912291859509ae.jpg
おもちゃを咥え、はなす時に本気で咬む症状も無くなりました。



IMG_0845_20191229185951d75.jpg
手もきちんと差し出してくれますよ。



IMG_0846_20191229190407acf.jpg
脚側は練習中です^^



まだしつけ教室で1クール終えた段階ですが、随分とモカちゃんの行動に変化が見えてきました。
これはしつけ教室でお伝えしたことを、家族全員で守ってもらえたからですね。ありがとうございます。


ネットの情報やしつけの本ではいつもこう書いてあります。
犬が噛んだ時にはこうしましょう。
犬が吠えた時にはこうしましょう。
犬がイタズラしたらこうしましょう。


モカママさんは、そんな場当たり的な飼い主をもう卒業です。
犬の個性を理解し、飼い主として正しい振る舞いが出来れば

IMG_0844_201912291917492fc.jpg

ただ可愛がっていた以前より、もっともっとモカちゃんが可愛くなっていたのでした。









スポンサーサイト



 
TrackBackURL
→http://odadogschool.blog.fc2.com/tb.php/1357-51c3b771