FC2ブログ
小田ドッグスクール    | TOP > ARCHIVE > 2018年12月02日
 
 
 
フリーエリア
 
2018.12.02 (日)

新入生 柴犬 武蔵君


今日はしつけ教室の新入生をご紹介します。

IMG_0300_20181202203918d02.jpg

            柴犬の武蔵君です(9ヶ月 ♂)


武蔵君が生後6ヶ月の時、パパさんとママさんにしつけのご相談を受けました。
頻繁な噛み、そして興奮時&散歩時には言うことを全くきかないこと。

柴犬の男の子です。それもまだまだ若くヤンチャ盛り。
その時には「現状の飼い方のままでしつけるのは そんなに簡単なことではありません」 と私は正直にお伝えしました。

それでも 「武蔵にとって正しい飼い主になる」 と固い意志のもとに、パパさんママさん武蔵君でしつけ教室に通われました。


約3か月後の現在です。

IMG_0856_20181202212541083.jpg
        ママさんの足もとで安心&大人しく待つ武蔵君



IMG_0837_20181202203918a05.jpg
       オフリードの状態でも しっかりとパパさんの横について歩く武蔵君



IMG_0841_20181202203917748.jpg
         「マテ」今では簡単ですね


IMG_0842_201812022039166a2.jpg
       苦手だった呼び戻しだって大丈夫です!!


IMG_0843_20181202203916c07.jpg
         足飛び♪


IMG_0844_20181202203915c23.jpg
  すぐに咬むのでこれまで抱っこは出来ませんでしたが・・・今ではこの通り骨抜きです この後寝ましたzzz

IMG_0847_20181202214444681.jpg
IMG_0846_20181202214421184.jpg
              一緒にオモチャ遊び♪


みなさんいかがでしょうか。凄い成長だと思いませんか?
パパさんママさんが変化を受け入れ、正しい飼い主になったからこそ、武蔵が良い子になれたんです。

しつけ教室では、パパさんがいつもメモを取り、一切の言い訳もなく
トレーニングに対してママさんと共に意欲的に取り組んでいらっしゃった姿が印象的でした。




世の中には、褒めるしつけ方、〇〇式しつけ方、楽しいしつけ方、クリッカー、〇〇方法 etc・・
数多くのしつけ方があります。
ネットやしつけの本でも、少し調べればすぐにこれが良い方法でこれはダメなやり方。


果たしてそうでしょうか。  本当に目の前のワンちゃんがそう言ったのでしょうか。


最も大切なのは・・・ 「武蔵のしつけ方」だと私は思うのですよね。
嬉しい。厳しい。楽しい。この人には従う。従わない。すべての基準はそれぞれのワンちゃんが決めること。
こんなに私は伝えているのに・・・    こんなに優しくしているのに・・・   こんなに厳しくしているのに・・・

それらは、あくまでも人間側基準の勝手な思い込みですよね。



IMG_0855_20181202220952bdd.jpg

「全て答えはワンちゃんの中にある」

そんな私の考えを信じてくれた、パパさんとママさんに感謝。そして頑張った武蔵に感謝なのです。

次の目標はドッグランのような誘惑のある場所でも、飼い主としてきちんと武蔵をコントロール出来ること。
「正しい飼い主になろう」とする責任感。 私は心から応援します!! それが武蔵の幸せだから。








スポンサーサイト