FC2ブログ
小田ドッグスクール    | TOP > CATEGORY > しつけ教室BLOG
 
 
 
フリーエリア
 
2019.06.26 (水)

トリセツ


本日はしつけ教室の新入生ワンコをご紹介します。

IMG_9157.jpg

今月で1歳になりました。おめでとう!!
サマーカットがとても可愛いミニチュアシュナウザーももちゃんです。



IMG_9158.jpg
性格は明るく元気、オモチャが大好きな女の子。
しなしながら、お家ではインターフォンで吠え、ワガママ言い放題。お散歩中の拾い食いにはじまり、取り上げようとすると、飼い主さんに唸る咬むの逆切れ状態です。

だからももちゃんの正しい接し方を知り、ももちゃんの正しい飼い主さんになるべく
ママさんも一緒にしつけ教室で練習中なのです。


IMG_9159.jpg

「犬にとって」 では無く 「ももちゃんにとって」 正しい触り方・名前の呼び方・褒め方・叱り方・喜び方がある。
飼い主さんがその子に合った伝え方を知れば、受け取るワンコは簡単ですよね。



IMG_9160.jpg

さあ一緒に探していきましょう。ももちゃんだけの取り扱い説明書を。
よろしくね、ももちゃん。
スポンサーサイト
 

本日はしつけ教室・新入生のご紹介です。

IMG_0841_201906041436055c4.jpg

 イタリアングレーハウンドのルナちゃんです。(7ヶ月・♀)


ルナちゃんはとても活発で明るい性格。 動作が素早く、我々がコントロールするのも大変です。
イタグレ特有の神経質なところもあり、最初は首輪・リードの装着を非常に嫌がり「ガゥガゥ」と噛みついてきましたが・・



IMG_0837_20190604143606821.jpg

今ではどこを触っても大丈夫!ママさんがレッスンを頑張ったおかげですね。
もちろん今は首輪の装着も安心して行えます。



IMG_0300_20190604143607891.jpg
この子は遊びながら、心を通わせながら、少しづつトレーニングですね。



IMG_0842_20190604143604b6b.jpg
これからもよろしくね、可愛いルナちゃん。




 
2019.04.10 (水)

しつけ教室 ボーダーコリー・虎徹くん


本日はしつけ教室の新入生をご紹介します。

IMG_0300_20190410180415731.jpg

ボーダーコリー・虎徹くんです。


IMG_0855_201904101812312c3.jpg

とっても優しいママさんと共にしつけ教室開始です。



虎徹は1歳になる男の子。性格は明るく好奇心旺盛で何より賢い。
ボーダーと暮らしたことのある方ならご存知かと思いますが、常に行動を先読みし、飼い主さんの一歩上を行こうとします。

指示を出せば、従うフリして別の行動 & 反抗的な態度。 一緒に遊ぼうとすれば、こちらが遊ばれてしまう。
賢い犬種だからこそ、こんな事は日常茶飯事な訳ですね。

だから、同じ指示でも遊びでも、常に関係性を大切にしないといけません。


IMG_0841_2019041018103354b.jpg

虎徹の持っている素晴らしい好奇心を消さないように、そして正しい関係性を築けるように
これまでママさんと一緒にトレーニングを行ってきました。



IMG_0843_201904101821524ab.jpg



IMG_0844_201904101821519a2.jpg



IMG_0856_20190410182332f28.jpg



IMG_0845_201904101824016f3.jpg





カウンセリングの時に  「虎徹に咬まれるから気安く体に触れない・・・」

とても心配そうな顔で話されていた 「優しいだけの飼い主さん」 は、もう卒業ですね。




IMG_0846_20190410182902739.jpg

今は、賢い虎徹にとって 「頼りになる飼い主さん」 になれたと思いますよ。






 
2019.04.04 (木)

第一話 「寅次郎を家族に迎える」



本日はしつけ教室の新入生をご紹介します。

IMG_0300_2019040409145892e.jpg

ミニチュアダックスフンド・寅次郎君です。
寅次郎は現在1歳になる男の子。パピーの頃、優しいパパさんママさんが保護施設から引き取り、家族に迎えました。

そんなバックグラウンドがある寅次郎です。それはそれはたくさん、パパさんママさんからの愛情を注がれ育ちました。
無条件に可愛がられ、どんな寅次郎の願いもパパとママが叶えてきました。

ここまではとても良い話みたいに思えます。 「寅次郎本当によかったね~」と。

IMG_0837_201904040914573cf.jpg


が、現実は全然違います。

ヤンチャだけどとても賢い寅次郎。その愛情を逆手にとった寅次郎。その愛情を勘違いした寅次郎。
恩を問題行動で返します。 恩を吠えて返します。 恩を咬んで返します。

そこでしつけ教室スタートとなりました。


IMG_0841_201904040914574c4.jpg

しつけ教室では、優しいパパさんとママさんに毎回参加して頂き
寅次郎に対し、何故愛情がそのまま愛情として伝わらないのか?何度もご説明しました。


IMG_0842_20190404091456008.jpg



IMG_0843_20190404091455f87.jpg


IMG_0844_201904040932329c8.jpg



IMG_0845_2019040409323221f.jpg


今では、ご覧の通りです。 寅次郎はもちろん、パパさんママさんも飼い主として大きく成長されました。
特に甘々だったママさん、頑張りましたね!!

寅次郎を迎えた時と比べ、パパさんママさん愛情の量は同じ。 でも、接し方・伝え方一つでこんなに違うんです。
だから我々はワンコの飼い主であり、父であり母であること。常に意識しないといけませんね。






IMG_0846_201904040932310b1.jpg

第一話 「寅次郎を家族に迎える」 

やっと良い話になって私も安心ですよ。

 
2019.03.13 (水)

新入生 トイプードル・モカちゃん


本日はしつけ教室の新入生をご紹介します。
トイプードルのモカちゃんです。

IMG_0300_20190313090919189.jpg
              1歳半になる女の子


写真から読み取れるように、どことなく自信の無い表情のモカちゃん。
基本的に警戒心は強く、慎重な性格と言えます。

「はじめまして」のカウンセリングでは、尻尾を下げ、プルプル身体を震わせながら、ママさんの膝の上に居ましたね。
それも其の筈、元々精神的に弱く依存性の強い性格のモカちゃんを、ママさんがひじょう~~~~~~~~~~に強い愛情で可愛がったので、お互いに依存し合う状態になりました。

結果モカちゃんは優しすぎるママ以外に愛情を求めなくなる=相対的に周囲の環境が怖くなった訳です。
(人間の教育本にも例が在りますが、不登校の一因となるケースと似ています)


IMG_0837_20190313090918e1b.jpg
       カメラを向けるとすぐに尻尾が下がる


「このままではマズイ」「お互いの幸せにならない」とママさんは一念発起。当スクールの門を叩いたのでした。


私はカウンセリングの様子から・・・モカちゃんに対して相当気を使いました。ビックリさせないよう、怖がらせないように。
足音・声質・手の出し方・触り方、全てに於いて「大丈夫だよ」と。

それにプラスして、ママさんに(ご家族も含め)お家で行うべき接し方を実践して頂き、課題も多くお伝えしました。


IMG_0841_20190313090917108.jpg

そうすると、少しづつモカちゃんが笑う時間が増えてきたのです。
スクールにも尻尾を上げて入ってくる。笑いながら側に寄ってくる。

正しい接し方をママさんが行ってくださったので、モカちゃんの周囲に対する色眼鏡が薄くなってきたのでしょうね。
ママさんへの依存が少なくなり、次第にオープンマインドになり、私や周囲の人が「普通」に見えてきたのではないでしょうか。

最近では、お散歩中に周囲の人へ「可愛がって」アピールをするそうです。
今までは尻尾を巻いて、ママさんの後ろへ隠れていたのに。



IMG_0842_20190313090916f90.jpg

私たちはその笑顔をいつも見ていたいのです。
そのために、飼い主として愛情と距離のバランスを常に意識しないといけませんね。

そうモカちゃんが教えてくれたのでした。