FC2ブログ
小田ドッグスクール    | TOP > CATEGORY > しつけ教室BLOG
 
 
 
フリーエリア
 
2021.02.28 (日)

全ては愛情ゆえに


野球で例えれば走攻守。

麻雀ならばハクハツチュン。

タピオで言えば唸る吠える咬む。


本日は「3役揃った」しつけ教室の「大型」新入生をご紹介します。

IMG_9223_20210222143325482.jpg

チワワの「タピオ君」です。(オス1歳)


まず私がタピオとはじめて会ったカウンセリングでの出来事。

私 「咬むという事ですが、具体的にどのようなシチュエーションで発生しますか?」

パパさん・ママさん 「触ったら」

私 「・・・」



私 「それでは、いつ吠えますか」

パパさん・ママさん「かまって欲しい時は必ず」

私 「・・・」



私 「唸るのは?」

パパさん・ママさん 「タピオの気分次第です」

私 「・・・」

万事がこんな状況。これは大変なしつけ教室になるとすぐに理解しました。
ただし、同時にパパさんママさんのお返事から、問題解決への鍵がハッキリと見えたのも確かです。

犬の問題行動を矯正しようとする場合
咬んだ時に〇〇しましょう。
吠えた時に〇〇しましょう。〇〇した時には〇〇しましょう。
しつけ本であれ、ネット情報であれ、いわゆる対処法に終始する形がほとんどです。

果たして本当にそれで良いのでしょうか。

普段の生活態度改善を伝えるのが何より必要なのに。

IMG_9856_20210222150138ee0.jpg

タピオにとって必要だったのは、パパさんママさんが「〇〇〇」になること。
これまで注いだ愛情は他の誰よりも。注いだ優しさは誰よりも。褒めた量は一生分。
それはタピオの行動を見ればすぐに分かります。

だけどパパさんママさんが次に注ぐべきはご自身が「〇〇〇」だという強い意志。
決してその場しのぎのしつけ方では無く。


IMG_9792.jpg

今日でスクールでのレッスンは終了。問題行動が解消したタピオは以前よりもっともっと可愛くなりましたよ。

とても不安そうな顔で「このまま咬まれるのが続くと、この子を本当に嫌いになりそうで怖い。」
そうカウンセリング時に仰ったママさん。 今では立派な飼い主さんになられました。

タピオ君、次はドッグランでの呼び戻しレッスンへ移行です。
どうかお手柔らかに頼むよ。



スポンサーサイト



 
2021.02.20 (土)

晴れの日に


こんばんは、代表トレーナーのKです。

本日は柏市のドッグラン32wanさんで「アジリティー」 & 「呼び戻し」レッスン。
快晴のもと午前中だけで8組11頭の飼い主さんがご参加です。

IMG_9249_20210220220313cb6.jpg


IMG_9913_2021022021550598b.jpg


これまでワンコを飼った経験がある方。はじめて迎えたワンコ&はじめてのドッグランで練習される飼い主さん。
ドッグトレーニングの経験がたくさんある飼い主さんから訓練初心者の方まで、皆さん様々なバックボーンをお持ちです。

訓練は何が正しくて何が本当? どの教え方が正解で、何が間違い? とにかく褒めるのが良いの?

どのレベルの飼い主さんも時に迷いながら、時に楽しみながらここでのレッスンをワンコと一緒に満喫されています。
一つだけ確かな事は、ワンコと真剣に向き合った時間は何よりの宝物。 本当の正解はその後に自然とついてくる。


ウィペットのマロンちゃん & ビションフリーゼのハルちゃんは本日で「ドッグラン呼び戻し」レッスン、晴れて卒業です。
マロンパパさんママさんお姉ちゃん、ハルパパさんママさん、ここまでお疲れ様でした。

はじめてワンコを迎え、はじめてのしつけにトレーニング。おそらく大変な気苦労があったことと思います。
それでも毎レッスン真剣にワンコと向き合ってくださったこと、信頼してここまでレッスンに参加してくださったこと
本当に感謝しています。

これからは、ワンコとの絆をもとにたくさんのイベントや旅行、日々のお散歩やお手入れまで
毎日を楽しく不安無く過ごして頂ければ幸いです。


今日を迎えられて「ホッ」とするのと同時に、明日から少しさみしくなるな。



 
2021.02.10 (水)

オイデ記念日


皆さんこんばんは、代表トレーナのKです。
昨日は柏市のドッグラン32wanさんでレッスンを行ってきました。


DSC_0982_20210209223907862.jpg

お相手をしてくれるのは、トイプードルのはなちゃん。優しいママさんと一緒にレッスン開始です。
トレーニングの目的は 「ドッグランで呼び戻しがきちんと出来ようになる事」
さあ、頑張りますよ!!

と、出来事だけを書けばごくごく当たりまえのトレーニング内容に思えます。しかしながら
相手は「あの・・はなちゃん」です。

1578894769008_20210209225117bef.jpg

スクールのしつけ教室で大立ち回りを演じ(内容は秘密)
お家ではパパさんとママさんの手を血だらけにして
ついでに私の指も血だらけにしたはなちゃん。

初回のしつけ教室ではママさんの「オスワリ」を何分も無視し
その八つ当たりを突如私に行ったはなちゃん。


IMG_0381_20210209230623ef9.jpg

しつけ教室では、毎回はなちゃんの自我の強さにヘトヘトとなり
ママさんと私の心を何回か折ったはなちゃん。(音が聞こえた)

あまりにも可愛い外見でご家族とドッグトレーナーを手玉にとってきたはなちゃん。
こちらが油断した瞬間を見逃さず「アッカンベーの飛びつき」をするはなちゃん。

もう知らない!さじを投げようか迷ったほどのはなちゃん。
でも可愛いから仕方ないかも?意味不明なことを考えさせるはなちゃん。




IMG_0363_20210209231747218.jpg


正直、今日を迎えるまでに私は何度も何度も「これは大変なワンコだな」と思いました。
でもそんな私よりも、何倍もママさんがトレーニングを頑張って、少しずつ少しずつ・・・でも着実に
はなちゃんは成長していきました。

そのママさんの想いは「はなちゃんがドッグランで活き活きと走る姿を見たい」から。
広い所でたくさんエネルギーを使って楽しく健康に過ごして欲しい。(結果として問題行動も減る)

その為には飼い主としてきちんとはなちゃんに指示をきかせる必要がある!

IMG_0358_20210209233458f33.jpg

「はな、オイデ!!」  「良く出来たね♪」

はなちゃんがママさんのもとへ駆け寄った時、私はこの仕事を選んで良かったと心から感じました。

IMG_0371_20210209235301824.jpg


トレーニングの観点で見れば、まだまだ「良い子のはなちゃん」は遠いけれど
ご家族から見て「大好きなはなちゃん」になるお手伝いは少し出来たかな^^


今宵は飲めないお酒で乾杯。パパさん、ママさん。お疲れ様でした! 
もちろんはなちゃんもね。

 


IMG_0358.jpg


IMG_0371.jpg


IMG_0381.jpg


IMG_0383.jpg


IMG_0393.jpg



IMG_0373.jpg


IMG_0405.jpg


IMG_0408.jpg


IMG_0363.jpg

Thank you for your wonderful smile !



 
2020.10.02 (金)

新入生のご紹介

こんばんは、スタッフのSです。

本日はしつけ教室の新入生をご紹介します。

IMG_0300_20201002213827f39.jpg

笑顔が素敵!! シーズのペコちゃんです

IMG_0841_20201002213826708.jpg


ペコちゃんは現在生後半年のパピーワンコ。とても明るく活発な性格ですよ

現在スクールのしつけ教室へ、ママさんと一緒に通っています。

始めの頃は、レッスン中にママさんからの指示が入らず反抗的な行動が非常に多かったペコちゃんですが・・

IMG_0844_20201002213824c10.jpg


しつけ教室が進むにつれて、とっても聞き分け良い子に成長しています。


IMG_0843_2020100221382326d.jpg


それはどうしてかと言えば・・・

ママさんが、ペコちゃんに〇〇をしたからなんですね。

小田ドッグスクールの生徒さんなら、皆さまご存知かと思います。

そう、ママさんの指示・コマンドは必ず〇〇なんです。 ※詳しくは代表トレーナーへ聞いてください

それが特にペコちゃんのしつけには効果的でした

IMG_0837_202010022148499c5.jpg

ママさんの頑張りがあって、順調に成長したペコちゃん
今度はしつけ教室から→わんわん幼稚園へ転入ですよ。

幼稚園では社会化はもちろんのこと、たくさんの友達が出来ると良いですね。ペコちゃん