FC2ブログ
小田ドッグスクール    | TOP > CATEGORY > しつけ教室BLOG
 
 
 
フリーエリア
 
2020.09.13 (日)

魔法の〇〇


愛犬家で愛猫家で恐妻家のドッグトレーナーKです。
私が最近特に感じる事。

どの生徒さんも(パパさん・ママさん)とても良く頑張ってレッスンに通ってくださるんですよね。
しつけ教室での課題をしっかりと自宅で行い、更に私の期待以上にワンコが成長している時もある。

カウンセリングの時には心配だらけで、本当にレッスンが進めばワンコが言うことを聞いてくれるのだろうか?
そんな不安げな表情の飼い主さんと・・・対照的に指示を全く無視する元気なワンコ。

皆さま最初はほとんど上記のようなケースですが
レッスンを継続した「今」では・・・


まずはママさんと





続いてパパさん



皆さまいかがだったでしょうか。

キレ良く、とても楽しそうな動きをするリアン君。そして上手にハンドリング出来たママさん・パパさん。
とても素敵なトレーニング光景に思わず動画を撮影です。

もしすべてが上達する「魔法のトレーニング」があるとするなら、それは飼い主さんの・・・〇〇かもしれませんね。
その答えは・・・ レッスン時にお伝えします!!






スポンサーサイト



 
2020.07.13 (月)

始まりは6秒


カウンセリングでこの子と会った時、一番最初に思ったのは・・
「なんてエネルギッシュなフレブル!!」

本日はトレーニング中の新入生をご紹介します。


IMG_0846_20200713203150806.jpg
      もうすぐ3歳になる女の子・すももちゃんです


カウンセリングでは「キューキュー」 「ブヒブヒ」 
パパさんとママさんの前で片時も止まることなく騒ぎ続けます。

はい、これはしつけが絶対に必要ですね。カウンセリングが始まってから私は6秒(スクール最短記録)で判断しました。
それも飼い主さんが一緒にしつけ教室に参加し、お家で正しい接し方を行い
犬一倍元気な「すもものコントロールスキル」をきちんと学んで頂く必要があると。

IMG_0847_20200713203149662.jpg


きっと飼い主さんにとっては大変なしつけ教室になるでしょう。
ご家族全員で真剣に取り組んで頂けますか?
しつけ教室に通われる以上、私がお伝えした内容は忠実に実行して頂く必要があります。

そうカウンセリングでお伝えしました。






しつけ教室はコロナウィルスでの自粛・休業期間を挟み
開始から3ヶ月経過、下記画像は本日のすももとママさんです。


IMG_0300_202007132100299d0.jpg





IMG_0837_20200713205549efb.jpg


IMG_0842_2020071320554867a.jpg


IMG_0844_2020071320554792d.jpg
   すももさん、カメラ目線は「No thank you」





私との脚側行進も楽しそうな表情で付いてきます♪

IMG_0855_20200713210521e9d.jpg



IMG_0845_20200713210521b34.jpg



「あの」すももがここまで成長したのは、パパさんママさんが「飼い主」として成長されたから。

スクールでのしつけ教室は毎回カメラ持参で、終わった後はご自宅にてご家族で復習。
しつけ教室で私がお伝えした課題は、必ず次回しつけ教室で出来るようになっていました。

これまでの飼い方と180度異なることで、きっとご納得いかない部分もあったことでしょう。
それでも一度の愚痴や不平不満を漏らすことなく、ここまでトレーニングを頑張ってくださいました。

本来スクールへ通われ、しつけを目的とすれば当たり前のことですが、実はそれが一番難しいこと。
私はプロのドッグトレーナーとして、毎時間生産性のあるトレーニングが出来たことに感謝します。



IMG_0856_2020071321244123e.jpg
        
      すももに出会えたことにも感謝。








・小田ドッグスクール ご予約についてのお知らせ

7月8月の各種トレーニングご予約が大変混み合っており、現在ご新規様の受付を停止しております。
皆さまにはご迷惑をおかけすることと存じますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

尚、受付の再開は8月20日~を予定しております。宜しくお願い致します。

 
2020.06.19 (金)

ヤマトらしさを大切に


本日はしつけ教室の新入生をご紹介。

IMG_0300_202006192056582f9.jpg
   M・ダックスフンドのヤマト君です(1歳半♂)



元気で明るく常に自信満々なヤマト! 
今日は優しいママさんと一緒にしつけ教室で遊び&お勉強です。

ちなみに以前は、当スクールとは別のしつけ教室に通ってトレーニングをされていたとの事。

そこではフードを多く使用し、たくさん褒めて褒めて、ヤマトのやる気を引き出す教え方です。
トレーニングに於ける陽性強化法。素晴らしいと思います。ヤマトもさぞ喜んだことでしょう。

しかしながら・・・

じゃあフードが無い時に私はどうすれば良い?
叱るときにはどうすれば?
そもそも怒っても良いの?悪いの?
褒めてばかりで本当に良いの?
フードでも釣れない時にはどうするの?

そう・・「ヤマトにとって良い条件や環境」であれば、ママさんの言うことを聞くけれど
周囲の環境次第では、全く言うことを聞かない犬になっていた訳です。

そんなモヤモヤを抱えたママさんは当スクールの門を叩かれました。
そして今日で第一段階、まずは1クール(4回)経過です。


ドッグトレーニングは・・

IMG_0841_20200619205657c08.jpg
遊びを通じて心が繋がる


IMG_0842_20200619205656182.jpg
確かな指示で繋がる



IMG_0843_20200619205655adc.jpg
毅然とした態度で繋がる



IMG_0844_202006192056554cc.jpg
優しさで繋がる




IMG_0846_20200619212019873.jpg
褒めて繋がる



どれもみんな同じくらい、ワンコと信頼関係を築く上で大切な要素。

ココアが体に良い。トマトが良い。ポリフェノールが良い。
でもそれだけを摂取したら、必ずどこかに歪みやゆがみが生じる訳ですよね。

重要なのは適切なバランスで、その配分はワンコの性格を見て変えればOK。


ママさんが変わったから、ヤマトも変わりましたよ。
カウンセリング時に比べると


IMG_0847_20200619213111a95.jpg
        いい顔してるじゃん!ヤマト!!


 
2019.12.29 (日)

しつけ教室の新入生



今年もたくさんのワンちゃんのしつけ・訓練を行ってきました。

多くの個性と毎日向き合う事で、逆にそれぞれの個が浮かび上がる。

それを知るのが本当に楽しく、犬って素晴らしい生き物だなと日々感じます。


さあ、今年最後のしつけ教室・新入生をご紹介します。


IMG_0837_20191229184358932.jpg


ペキニーズ × チワワ =モカちゃんです(♀・6ヶ月)

ご覧の通り非常に可愛く、家族の誰からも愛されるモカちゃん。
3ヶ月で家に迎えてから、家族全員が過剰に可愛がり、触りすぎ、甘く接しました。

ではその結果どうなったでしょう?

飼い主さんの指示は全く聞かず、甘噛みは本噛みへ移行し
普通に触ることすら怖さを感じるほど、まるで「腫れ物のような」状態になったのです。

スクールでリードを装着しようとしたママさんの手は傷だらけに・・・
私も初回カウンセリング時に抱っこしようとした瞬間に・・・カプッ!!
すぐにしつけ教室を行う必要がありました。



しつけ教室では、犬の個性を理解し、飼い主として正しい振る舞いを知ってもらうこと。
これが目的です。

IMG_0847_201912291859526f1.jpg

現在リードの着脱はこの通り。モカちゃんが受け入れ大人しくしています。




IMG_0843_201912291859509ae.jpg
おもちゃを咥え、はなす時に本気で咬む症状も無くなりました。



IMG_0845_20191229185951d75.jpg
手もきちんと差し出してくれますよ。



IMG_0846_20191229190407acf.jpg
脚側は練習中です^^



まだしつけ教室で1クール終えた段階ですが、随分とモカちゃんの行動に変化が見えてきました。
これはしつけ教室でお伝えしたことを、家族全員で守ってもらえたからですね。ありがとうございます。


ネットの情報やしつけの本ではいつもこう書いてあります。
犬が噛んだ時にはこうしましょう。
犬が吠えた時にはこうしましょう。
犬がイタズラしたらこうしましょう。


モカママさんは、そんな場当たり的な飼い主をもう卒業です。
犬の個性を理解し、飼い主として正しい振る舞いが出来れば

IMG_0844_201912291917492fc.jpg

ただ可愛がっていた以前より、もっともっとモカちゃんが可愛くなっていたのでした。









 
2019.11.11 (月)

大好きだからこそ 飼い主になる


IMG_9900_201911102159327c1.jpg

パパさんママさんの足もとで落ち着いて伏せをするM・ダックス。
皆さん、この子がスクールで今年一番の問題児だったと信じられますか?




IMG_9004_NEW_2019111021593234b.jpg
今はハウスだってこの通り。 パパさんの指示できっちり入ります。



IMG_8878_NEW_201911102159313d7.jpg
その後はお決まり、最上級の「ドヤ顔」です。




IMG_3901.jpg
ママさんに抱っこをされて、ご満悦。


IMG_5268_20191110222256832.jpg
アップでドヤ顔。




こんな日が来るなんて、きっとパパさんママさんは信じられなかったことでしょう。
4ヶ月前のカウンセリング、1時間鳴いて吠えて動き回り、ため息と共に終わった日。

家の中で事あるごとに要求吠え。警戒吠え。 
パパとママが叱れば逆切れ、余計に興奮し噛みついてくる。

お散歩に行けば交差点で吠え続け、他の犬には攻撃的に吠えかかる。
いつしかすれ違う他の飼い主さんに謝り、犬が多い散歩の時間は避けるように。
一緒にお出掛けなんて夢のまた夢で。


犬を飼うということ・・・こんなハズではなかった。
この子と縁があって、誰よりも愛情をもって暮らしたハズなのに。

でもどうすれば・・・


そんなお気持ちで当スクールの門を叩かれました。





今日は新入生のご紹介でもあり、卒業生の紹介でもあります。
IMG_9894_201911102219459c3.jpg

M・ダックスフンドのチャンプです。2歳・♂


IMG_9862_20191110222539d45.jpg

チャンプはエネルギッシュで好奇心旺盛ですごく頭の良い男の子。
ゆえに飼い主さんが正しくリードしなければ、自分で考え主導権をすぐに取ってしまいます。


IMG_9877_201911102225394c3.jpg
知るべきは、正しい遊び方・褒め方・叱り方であり


IMG_1981_NEW.jpg
チャンプの性格に合った、飼い主の振る舞い方・声のかけ方・触り方。



パパさん・ママさんはしつけ教室だけでなく、お家でも一生懸命に取り組まれました。
希望が持てる日や落ち込む日を何度も超えて。

そんなパパさん・ママさん・チャンプ、今日で晴れてしつけ教室を卒業です。
もうお散歩ですれ違う犬に吠えません。 もう家の中でやたらめったら吠えませんよ。 


IMG_9856_20191110223806c2f.jpg


何が本当に正しいのかわからなくなる。
愛情をたくさん持つ飼い主さんほど、しつけと言う迷路に迷い込み易い。

そんな時は思い出してください、自分がまず愛犬の父であり母であり飼い主であることを。
その振る舞いを見て、犬は関係を築くことを。

そう私達にチャンプが教えてくれました。


IMG_9895_2019111022465220c.jpg

出来ると信じていたよ、チャンプ!!  パパさん・ママさん卒業おめでとうございます。

... 続きを読む